石垣島とは

タイトル

こんにちは。石垣島ナビです。

 

本記事では、

「石垣島ってどんな島?」

「石垣島ってどこにあるの?」

「石垣島の観光スポットは?」って質問にお答えします。

 

 

本記事を読むと、

POINT・石垣島の特徴がわかる

 

・石垣島の場所がわかる

 

・石垣島の観光スポットがわかる

について、知ることができます。

 

石垣島と西表島に5年以上住んでいる、現地ガイドが紹介する「ガイド目線の情報」です。

 

石垣島を知って、さらに旅行を楽しんでください!

石垣島とは?

石垣島は沖縄にある島の一つです。

沖縄県内で3番目に大きい島で、人口は約5万人。

 

青い海、白い砂浜が特徴で、沖縄の離島の中では都会に近い印象の島です。

 

5万人前後の人が住んでいるので、コンビニ・スーパー・病院など、生活に必要な施設は充実しています。

 

沖縄本島の距離は『410km』。

沖縄本島(那覇)から飛行機で1時間かかります。

 

石垣島から台湾までの距離が『277km』。

沖縄本島へ行くより、台湾の方が近いです。

 

石垣島空港には『香港』への路線があります。

台湾からは、クルーズ船が入港します。

 

日本人の観光客だけでなく、香港・台湾からの観光客も多い島です。

 

 

石垣島

石垣島は、沖縄本島から410km南西にある島です。

宮古島と石垣島は133kmの距離、石垣島から与那国島までは127kmの距離があります。

 

沖縄には、宮古諸島・先島・八重山など、いろんな呼び方があります。

石垣島がある地域は「八重山諸島」と呼ばれる地域です。

 

八重山諸島の中で、一番人口が多い島が石垣島です。

石垣島には、約5万人ほどの人が住んでいます。

 

 

石垣島の特徴

石垣島の特徴は、

1 海

 

2 フルーツ

 

3 石垣牛

 

1 石垣島の『海』

観光業が盛んな島で、ダイビング・シュノーケリングなど、海でのアクティビティが人気です。

 

石垣島の北部『川平』では、マンタ(オニイトマキエイ)と一緒に泳げるダイビングポイントもあります。

 

島の周りは、サンゴで囲まれているので、シュノーケリングをすると珊瑚、熱帯魚を間近で見れます。

 

 

2 石垣島の『フルーツ』

内陸部では、広大なサトウキビ畑・牧場が広がっています。

農作物は、サトウキビ・パイナップル・マンゴーなどを栽培。

 

 

3 石垣牛

牧場では、肉牛の飼育が盛んです。

『石垣牛』『やいま牛』『島うし』『美崎牛』などのブランド牛を食べることができます。

 

 

まとめると、サトウキビ畑と青い海がある島、『ゆっくりとした時間を過ごせる、のどかな島』って雰囲気です。

 

 

石垣島の詳細

【人口】49,801人(2019年12月)

【世帯数】25,043戸(2019年12月)

【産業】[農業]10%、[漁業]2%、[第二次]20%、[第三次]68%

【面積】222.54km2

【周囲】162.2km

【標高】於茂登岳(おもとだけ)526m

【アクセス】羽田空港から飛行機で約2時間30分、関西国際空港から飛行機で約2時間

【飛行機会社】ANA、JAL、JTA、RAC、ソラシドエア、ピーチ

【所在地】沖縄県石垣市

【行政】明治41年八重山郡八重山村→大正3年石垣村・大浜村として分立→大正15年石垣村が町政施行→昭和21年米軍施政権下→昭和22年市政施行、大浜村が町政施行→昭和39年大浜村を編入→昭和49年日本返還

 

 

石垣島の場所

石垣島は、沖縄の南部にある島です。

石垣島周辺の島々をまとめて『八重山諸島』と呼びます。

 

 

石垣島は、八重山諸島の中で一番人口が多い島。

周辺離島の『竹富島』『西表島』『波照間島』『小浜島』『黒島』『鳩間島』にフェリーが出ています。

八重山諸島のフェリーの起点になる島が石垣島。

八重山諸島の飛行機の発着地・フェリーの出発地で、交通の要になっています。

 

 

石垣島の観光スポット

石垣島は、観光スポットが島内のいろんな場所にあります。

観光スポット同士が離れているのが特徴です。

 

石垣島で観光スポット巡りをしたい人は『レンタカー』がおすすめ!

 

「離島ターミナル」から「川平湾」まで、車で1時間ほどかかります。

石垣島の観光スポットを巡りながら1周すると、車で5時間以上かかります。

 

石垣島を満喫しようとするなら、2〜3日かけて観光することをおすすめします。

 

 

 

石垣島での移動手段

石垣島での移動手段は、

・レンタカー

 

・レンタルバイク

 

・レンタサイクル

があります。

 

 

石垣島を一周すると『162km』あるので、レンタカーがおすすめです。

 

移動手段 レンタカー レンタルバイク レンタサイクル
料金 3,600円〜 2,500円〜 1,000円〜
市街地
郊外 ×

 

基本的には『レンタカー』。

一人旅・2人旅なら『レンタルバイク 』。

石垣島市街地を巡るだけなら『レンタサイクル』がおすすめです。

 

移動手段 レンタカー レンタルバイク レンタサイクル
メリット ・早い

・クーラー付き

・安い

・小回りがきく ・市街地ならOK

・激安

デメリット ・ガソリン代が必要 ・意外に高い

・暑い

・坂道が多い

・暑い

・疲れる

 

 

 

レンタカー

石垣島で一番おすすめの交通手段が『レンタカー』です。

石垣島では、小型車で「3,600円〜」の値段で借りれます。

 

バスの便も本数が少ないので、遠出しようと思っているなら、間違いなくレンタカー!

レンタカーの台数が決まっているので、出来るだけ早めに予約してください。

 

石垣島でレンタカーを借りるなら『たびらいレンタカー予約』がおすすめです。

『たびらい』は、レンタカーの比較サイト。

 

前日までの予約に対応しており、スマホで簡単に検索・予約をすることができます。

 

空港・港・ホテルまでの送迎にも対応しているプランも豊富です。

簡単に格安なレンタカーを予約できる『たびらい』。

 

飛行機の便が決まったら、早速レンタカーも予約しちゃいましょう!

 

とりあえず、料金を見てみる



 

 

レンタルバイク

石垣島を一人旅・男子旅・女子旅なら『レンタルバイク』も便利です。

 

『石垣島市街地』や『川平湾』までの移動ならレンタルバイクでも観光可能です。

ただ、石垣島は日差しが強いので、「熱中症対策」「日焼け対策」は必須!

 

郊外にはコンビニがなく、自動販売機も少ないので、水分は必ず市街地で購入してから遊びに行ってください。

 

石垣島で『レンタルバイクを借りれるお店』を、まとめてみました。

 

 

レンタサイクル

石垣島市街地を観光するなら『レンタサイクル』もあります。

レンタサイクルは、『ユーグレナモール』『離島ターミナル』『桃林寺』などを観光するときには便利です。

 

レンタサイクルのメリットは「安い」ことです。

ですが、石垣島市街地以外の郊外へ行くには、レンタサイクルでは難しいです。

 

自分も60kmのマラソン、100kmの自転車移動などを経験していますが、石垣島で自転車で観光するのは、かなり難易度が高いです。

 

理由は、「日差し」と「気温」。

一度、マウンテンバイクで石垣島を1周してみましたが、翌日は動くことができないほど疲れました。

 

レンタサイクルは『石垣島市街地』を観光する時にだけ、利用してください。

 

石垣島の郊外を観光する場合は『レンタカー』『バス』『タクシー』を使いましょう!

 

 

 

あわせて読みたい

石垣島について簡単に説明してきましたが、「石垣島をより詳しく知りたい!」って人は『石垣島ナビ』で探してみてください!

 

石垣島ナビは、『スマホひとつで旅をする』がコンセプトの観光情報サイトです。

石垣島のホテル・グルメ・お土産など、石垣島旅行に必要な情報を発信しています。

 

 

それじゃあ、楽しく旅してね。